イマタノ

「今を全力で楽しむ」がモットー!経済的にも精神的にも自立したい主婦です。

益若つばさちゃんのミレーナの件、私も語る!

益若つばさちゃんが

「ミレーナを入れた」というYouTubeを見ました。

実際私もミレーナを入れてるので

仲間~♡と親近感を持っています。

今日は、わたしも語りたくなった。

 

 

ミレーナ=避妊具

ピルもそうなんだけど、この認識が強いのって

ものすごく残念なんですよね。

それだけじゃないのに。

もっとみんなに知ってほしい!

こういう選択があるよ!って。

 

人によって合う合わないがありますが。

それは承知のうえで、わたしは

100%の力でオススメします。

 

ミレーナを入れたのが2020年4月なので、

1年2ヶ月が経過しました。

 

もともと生理痛は一般的なレベルだと思います。

初日から3日目まではお腹や腰が痛い。

痛み止めを1回飲むかなーぐらい。

 

ただ、状況が変わってきたのが35歳ぐらいのとき。

生理の量が増えてきたんです。

いわゆる月経過多ってやつです。

あまり気にしてはなかったんですが、

念のため一度婦人科に行こうって。

そしたら、子宮腺筋症って診断がでましてね。

その時の記事はある程度記録に残しているので、こちらをどうぞ。

kachi925.hateblo.jp

kachi925.hateblo.jp

kachi925.hateblo.jp

kachi925.hateblo.jp

 

この後の状態を全く書いていませんでした。

ミレーナを入れると2割ぐらいの方は生理がなくなるらしいですが、

わたしは毎月あります。

根拠はありませんが、わたしは子宮腺筋症で月経過多なので、

ミレーナを入れても出血を完全には止めれないんじゃないかと。

健康体で子宮にも問題ない方が入れると、止まるのかもしれません。

(本当に個人的な見解であることをご了承ください。笑)

 

ちなみに、生理間隔はこんなかんじ。

ルナルナというアプリを利用しています。

f:id:ykr58:20210619092814j:image

毎月しっかりありますが、元々は28日周期でだったのが

平均的に30日前後になりました。

生理痛は、1日目は、なんとなくもや~っと腰が痛いです。

薬を飲むほどでもなく、なにかをしてれば忘れるレベル。

 

量については、昼用ナプキンよりもうひとつ小さいサイズ、

それを1日1枚です。

 

▼これこれ。これで十分!

おりものシートでは小さすぎるけど、

昼用ナプキンでは大きすぎる。そんな量。

夜用ナプキンやタンポンは必要ありません。

 

ミレーナをいれたことによる私の一番のメリットは、

疲れにくくなったことです。

1ヶ月に1度はダウンするほど疲れて体力がなかったんですが、

まわりからも「なんだか元気になったね!」って言われるほどです。

月経過多で出血が多く、貧血傾向で疲れやすかったんだと思います。

 

二番目に感じるメリットは、生理が楽になったこと。

生理痛からの解放、夜も気にせず寝れる、ナプキン代もかからない。

アラフォー主婦、もう子どもを産む予定もありません。

それなのに、閉経まで毎月毎月生理で苦しむ必要があるんだろうか。

これは女性にしか分からないですよね。

 

ミレーナはたしかに避妊ができます。

妊娠の心配は必要ないです。

私のように子宮腺筋症だったりすると保険が適用するので

1万円ちょっとでできます。

健康体でミレーナを入れると保険適用外なので

7万~10万かかるそうです。

 

 

ミレーナを経験している私の意見ですが、

私は保険適用外であってもミレーナは入れます。

それ以上の価値がある。

生理からの解放ってものすごい威力ですよ。

もっと世間に広がってほしい。知ってほしい。

 

あ、デメリットを書いてなかったですね。

ミレーナを入れて半年ぐらいまでは、

やはり不正出血に悩まされましたね。

いつになったら止まるんだー!と思えば、

忘れた頃にまたちょっと出血したり。

たしかに本当にモヤモヤしましたね。

半年ぐらいはぐっと耐えて待つ。そんなかんじ。

 

あとは、1年に1回定期健診はきちんと行きましょう。

ほんと忘れやすいので注意です。

 

まぁ、そんなかんじなんですが。

生理痛で苦しんでいるのなら、一度婦人科を受診してみてください。

先生から話を聞くのが一番です。

※ミレーナに対応している病院は意外と少ないので検索してみてくださいね。

 

ミレーナが世間に浸透して、生理に苦しむ女性が減るといいなと思います。

現場からは以上です^^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
 

イマタノ - にほんブログ村